■プロフィール

ひなあじ

Author:ひなあじ



無料カウンター

■フリーエリア

ひなあじブログの成分表が見られるすよ

blogram投票ボタン

■フリーエリア

■フリーエリア

FC2以外からお越しの方々、ひなあじにもお邪魔させて下さいす

おきてがみ

■メールフォーム

いっそのこと ひなあじとお話してみちゃえばいいじゃん て方はここす↓

名前:
メール:
件名:
本文:

■最近のコメント
■最近の記事
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
励ますということ
昨今、人を、自分を励ますということがとても難しくなっているとおもう。

がんばれ

の使い方が非常に難しい。

頑張っている姿というのは、どんなに簡単そうに楽そうにしていても、にじみ出て来てわかるものだと思う。

そんな、頑張っている人に対して、頑張れって言うのは あまりにも酷な事だと思ってしまう。

ネガティブ大将なオイラなど、まだ頑張りが足らんのかとヒーコラしてしまう事でしょう。


元気出していこう、元気だそう

山本正之さんの歌の歌詞には、『カラ元気でも元気』なんて言葉がある。

辛くて辛くて仕方ない時でも、無理にでも笑顔を作っていると、緊張が解けてきて、気分が楽になってくる。

という事に通じてくるのだと思う。

アニメ『くまのプー太郎』のED曲は

その名も『元気を出して節』

非常につらい目に遭った人をなんとか励まし、立ち直って欲しいけど

元気をだして としか言い様がない でも一人じゃないよ、ちゃんと見守っているよ。

歌くらいなら、一緒に歌えるよ。

そんな内容の優しい歌だ。


先週の、日曜日祝日返上のしかも残業続きの日々

ふと思い出した、魔神英雄伝ワタルかワタル2の一場面

意気消沈する主人公ワタルを、師匠のシバラクが励ますシーン

その時の言葉が、

『頑張ろ~』だった。
『がんばろ~』『がんばろ~』と声を上げる。

がんばる を使ってもトゲのない言い方だな。

とか思いながら意識が朦朧としていたな(笑)

もちろん、頑張れ だって十分に力付けられる言葉だ。

なにも言わないよりは億倍マシだ。

ただ、やっぱり使い方、言い方が難しい。

言い方や、使うべき人ではない人が、置き土産の様にいうこの言葉は。

人をよけいに疲れさせる。。。


オイラの言葉はあなたの力になれるでしょうか?

オイラの言葉は、あなたの力になれたでしょうか?


一生懸命、考えますね。。。





スポンサーサイト
ココロ | 02:44:56 | Trackback(0) | Comments(0)
ココロヅカイ
ブログを始める事にして、一つ決めた事がありまして

それは仕事の事を書かない、と言うものでした。

建設業界の末端になる施工業者の下っ端に身を置いているので

愚痴がメインになってしまう事が目に見えていましたから。

嫌な事があってそれを書くことでストレスを解消できる性質では無いので、基本的に仕事上の事は書かないつもりです。

ただ、今回の話は仕事の事と切り離しにくいので。。。

その日は、オイラ達の担当現場の空き日程で、別の現場にお手伝いに行きました。

とは言え、その現場での仕上がりに入っていたので忙しかったです。

建物は床と壁は仕上がっていたものの、多少まだ荒っぽい作業も残っていたり雑然としたもので、それでも傷や汚れを作らないよう気をつけて行動します。

そこは、土足で使う店舗になり、それなりに傷の付き難いつくりなのですが、施工業者がズカズカと土足で、仕上がっている床を歩くはずもなく、スリッパや上靴を持参か、建築会社の方で用意してある現場用のスリッパをはきます。

結構人数もいて、入れ替わり立ち代り・・・そのおじいさん達も忙しい中にやって来ました。

何の業種なのかもう覚えていませんが、職人仕事も引退したけどたまに
身を寄せていた会社を手伝っているか、どこかの業者さんが雇ったシルバー人材センターの方々かな?と思いました。

まもなく、建築の監督さんがおじいさん達を注意し始めました。

『スリッパ履いてよスリッパ、せっかく用意してあるんだからさ』

土足かな?そう思いおじいさん達の方を見ると、靴下のままでした

人も多く出入りしているので、スリッパを履くのを遠慮したようです

そういう考えに時々なります。

さらに監督さんは床を指差し
『こんなの多少汚れたって、このあとクリ-ニング(掃除屋)屋さん
入るんだから、それよりせっかく仕事にきたのに靴下に穴でも開いて買うはめになったら勿体無いし、馬鹿馬鹿しいでしょう』

照れくさそうに会釈をしつつも、指示された作業をするおじいさん達をみて、監督さんは人数分のスリッパを持ってきておじいさん達に渡していました。

この監督さんは、気さくで話も面白く、現場をよく見て、作業員のやりやすいよう采配をするのがとても上手だと、その建築担当の親方が言ってました。

そんな監督さんばかりならいいのにな~っと思いますよ^^;









ココロ | 23:31:44 | Trackback(0) | Comments(4)
訂正
秋は地球の大きさと自分の小ささを実感できる季節ですな~。

ウオーキングに出掛けた時には雲もいい感じに切れ素敵な夜空でした。

欲を言えば、もう少しだけ早い時間なら『喰らう』が体現できたかなって感じでしたが、

十分にドキドキできた十六夜の月でした。




ココロ | 00:24:00 | Trackback(0) | Comments(0)
おしい~
せっかく晴れたのに、流れる雲が大きくて多すぎ・・・

今年はあの感覚は味わえないのかな。。。




ココロ | 19:06:17 | Trackback(0) | Comments(0)
喰らう
まだ日差しが強すぎる気もしますが秋めいてきた風が吹き、空が変わってきました。

あじさいこそ咲いてはいませんが、大好きな短い季節が始まった事を実感できます。

この時期、意識せずとも心待ちにしている事がありまして。

それが『喰らう』と自分の中で名づけている心の栄養、高揚感。

空模様と空気、時間帯など大まかな条件、だけどココロと上手くタイミングが合った時の、身体の内側から来る爆発的な細胞の活性感。。。

創作想像願望、普段ぼんやりと霞んでしまっているイメージを強くはっきりと確認できるほんの数分間のココロの栄養補給。

秋の楽しみの一つです。




ココロ | 01:47:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。